緑内障治療薬の目薬でまつげが伸びるのはなぜ?

緑内障治療薬の目薬でまつげが伸びるのはなぜ?

緑内障,治療薬,まつげ,伸びる

年を取ると緑内障や白内障など、目の病気にかかる確率が上がってしまうと言われています。

 

 

実はこういった眼病を抱えている老人の目元を見ると、男性女性に関係なくまつげが異常に濃く、

 

長いことに気が付いた経験のある方も多いのではないでしょうか。

 

 

実は最近、美容クリニックで人気となっているまつ育治療で処方されている専用の育毛剤に入っている成分と、

 

緑内障治療で処方される目薬の成分はほとんど同じなのです。

 

 

目薬に配合されているビマトプロストという成分が、

 

まつげの毛周期を促進させ、成長期を延長させる作用が働くことが認められていて、

 

ここに着目した製薬会社が専用の育毛剤として開発したという秘話があり、

 

緑内障治療薬の副作用として報告されたのがはじまりだったわけです。

 

緑内障,治療薬,まつげ,伸びる

 

目薬をさせば必然的にまつげの生え際に薬液が広がり、ふきとりが甘いと毛包に働きかけ育毛を促進させてしまうため、

 

点眼をしている方の目だけがどんどん毛が長くなってしまったという患者さんの訴えから、

 

今、女性が真剣に取り組むまつ育といった美容ケアが生まれたことは、とても興味深い話ではないでしょうか。

 

 

事実この育毛剤は目薬の容器に入っていて、点眼をすれば緑内障の治療薬、

 

毛の生え際に塗布すればまつげ貧毛症の治療薬で使われることもあるようです。

 

 

どちらにしても医薬品なので、高い効果が期待できる分、副作用の危険性も少なからずあるので、目的に応じた正しい使い方を守ることが大切です。

 

 

育毛剤として使用する場合には目の中に入らないように気をつけ、生え際以外の皮膚には付けないようにしなければなりません。

 

 

まぶた周辺の毛が濃くなってしまうことや、皮膚の黒ずみや赤み、かゆみも副作用として報告されているので、

 

肌トラブルを起こさないようにするためにも、専用のアプリケーターを使って慎重に際にだけ付けるようにし、液だれをしないようにしっかりと乾かすことも重要です。

 

 

育毛ケアで使用する場合には、一日一回寝る前のケアのみで使い、付ける量も両目で一滴で十分です。

 

 

早く伸ばしたいからとたっぷりと塗ったり、下まつげにも使うと、目の周りが真っ黒になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

万が一このような色素沈着を起こしてしまった場合には、しばらく塗るのを止めれば肌は元に戻るので心配はいりません。

 

 

ある程度伸びてくれば塗る頻度を減らし、二日に一回、一週間に一回などと調整をすれば、肌トラブルを起こすこともなくなります。

 

 


page top